デブサミ2017にいってきたがおデブサミットみたいだった( ´)Д(`)

February 22, 2017

いってきたので、参加のモチベーションや感想などをつらつらと。

TOC

ブログを書くまでがイベントですよということで。
各セッションのメモなどについては他のブログを参考にしていただくとして、主に会場やイベント全体ついての感想など。

デブサミとは

  • 平均年数回開かれるSIer・エンジニア向けの大規模イベント(東京、関西、福岡)
  • 参加費基本無料
  • 主催は翔泳社
    • ビジネス書に当り多い印象
    • 技術書、資格・サブカル系実用書 … etc
  • 企業のスポンサーシップが非常に多く、また活発
  • セッションの内容としてはキャリア・組織論・ナレッジ展開・ハンズオン風のもの・座談会形式など様々
    • 一言で言うとなんでもアリ

参加した動機

  • 発表資料を公開しないセッションが比較的多く、相対的な情報価値が高い
    • 毎回資料やトゥギャリのまとめが上がる(しかし非公開が多い) http://codezine.jp/article/detail/9999
    • 当初公開はする予定とあっても公開されないままのスライドとかも多い
  • 最近エンジニアのキャリア・人事について考えることが増えたため、キャリア系のセッションも見てみるかと思い至る
    • (今まで見向きもしなかったが)
  • Rust熱が高まる昨今、Mozillaがwasmについて発表するみたいだったのでキャッチアップしたかった

感想

セッションについて

  • セッションは全体的にエンプラ臭漂う感じ、ココじゃない感。
  • 1日目のA会場(#devsumiA)はYahooのセッション専用となっていて、ほとんどが公開予定無しのセッションだった。
    • SIerあがりかマネージャクラスの登壇が多く技術的な言及は少なかった。
    • ツラミを踏み抜いた話などの、踏み込んだ話は全然聞けなかった。
    • 一部のセッションでSIer的なマネジメントおじさんがデモをやるというので期待したが、 実際は若い子が出てきて代わりにデモをやっていた。 statuslineをいじったvimが出てきて好印象だった(むしろ彼の登壇が聞きたかった)
    • 黒帯制度についての発表もあったが既に知っていることが大半で、制度の紹介という感じだった
  • Cygamesの発表はどれも公開予定のないセッションで、こちらは大変参考になった
    • 資料が情報を詰め込み過ぎでほとんど読ませる気はない感じ
    • のちにメモを誰かがブログで上げるだろうとは思ったが、保証はないので参加
    • 「グラブルのストーリーが重い」など裏話的なのも拾えて現場の空気感を肌で感じることが出来た
  • 人事系、キャリア系のセッションは制度の紹介や事例分析などN=1が非常に多かった
    • はっきりいってほとんど役に立たなかった
    • そういった情報や事例を踏まえてどうすりゃいいのさっていうのはまさに自分が考えなければならないのだと痛感
    • 得られた知見としては「正解は無いのだ」ということ。
  • エウレカやWantedly等のベンチャーは資料を公開してくれるだろうことがわかっていたのであえて他のセッションを見に行った
    • が、他のセッションの実入りがあまりに少なかったので、見に行けばよかった。
  • ほとんどエンプラ向けの宣伝みたいになっているセッションがいくつかあった
  • ビジネス書、技術書を主軸としたセッションはほとんどビジネスマン向けセミナーという感じ
    • 「逆説のキャリア思考」はスライド枚数が多すぎ(熱量)
    • 参考にはなる、が、もう少し少ないボリュームで片付くのでは。(←このあたりがビジネスセミナー感)

会場について

  • 基本激混み
    • どのセッションもほぼ満員で会場間移動に一苦労
    • 通勤ラッシュみたい
  • 個人スポンサーなる仕組みがある
    • 今年から?
    • セッションの最前列にテーブル付きの席が用意されている、個人スポンサー専用らしい
    • 書籍が割引購入できる
    • 入場時行列に並ばずにショートカットできる(ディズニーランドのファストパスみたい)
  • 協賛企業のPushがすごい
    • 会場全体で企業ブースが活況、出店数も人数もとにかく多い
    • このブース意味あるのか?と思える企業もちらほら
    • 歩いていると異様に広告を手渡される
    • 入場手続き時にもらえる手提げ袋の中身も100%広告
  • 会場内に求人票をはり出している掲示板がある
    • 協賛企業の求人チラシが掲示されている
    • 何人かおじさんが群がっていて複雑な気持ちになれる素敵なスポットです
  • 参加者や登壇者の平均年齢が高い
    • 平均年齢40を超えているのではないか。
    • 黒スーツ、メタボ
    • 通勤ラッシュみたい(2回目
  • Kintoneブースで無料自販機&バナナ配布してた
    • ( ´)Д(`)<コーラ飲み放題
    • 立ったままババナを食うスーツのおじさん…
    • 最終的にKintoneブースは非常にバナナ臭くなるという結果に
  • 書籍販売を行ってた
    • 個人スポンサーなら30%オフとか、優遇されてた
    • 主催会社の本が色々、DeepLearning系の書籍など
    • かさばるし重いので買いませんが

ちょっとしたテクニック

  • デブサミは基本出入り自由
    • 参加は必ずしも申し込み時に予約したセッションでなくてもよい、出入り自由で気楽
  • 無料なので人の出入りは激しく、風邪菌や乾燥には注意
    • マスク推奨
    • 意外と冷房がきいている
  • エンジニア向けイベントというだけあってPCを開いて作業するスペースは一定数確保されている
    • 電源とかも確保されてる
  • 飲食店は会場周辺にあるが会場自体に飲食できるスペースはあまり無い
    • セッションは休みなく続くので、あらかじめ近くのコンビニで軽食などを持参していくと快適

終わりに;目を通しておきたいセッションの資料など

最近のテックカンパニーの皆さんはSpeakerDeckやSlideshareにあげてくれることが多いのでたいへん有難いですね。
いずれも技術的に突っ込んだ話してるので大いに参考になります。

逆説のキャリア思考のセッションについて色々言っちゃいましたが、
基本的にはキャリアや将来に悩みがある人にとっては参考になるかと思います。URLは以下です。

Comments

comments powered by Disqus

(c) Copyright 2017 Kotaro Yoshimatsu